TOP > 厄年と厄除け について > 厄年って何歳?(年齢は数え年(数え歳)で!)
厄年と厄除け 最新記事

厄年って何歳?(年齢は数え年(数え歳)で!)

七色パワーストーン
開運・厄除けのお守りに七色グッズ。

厄年年齢の女性&男性に
クリスタル(水晶)のブレスレットで幸運を引き寄せ

プラスのエネルギーを秘めた天然石
お守り・魔よけの意味をもつパワーストーンで厄除け

今年の運勢
あなたの今年の運勢は

 厄年の年齢は、男性と女性とで異なります。男性の場合は、数え年(数え歳)で25歳、42歳、61歳が本厄、女性の場合は19歳、33歳、37歳が本厄とされています。本厄の前年を前厄、その翌年を後厄として、三年間身を慎しむものとされてきました。

 数え年(数え歳)とは、生まれたばかりを1歳とし、それ以後の年は、お正月の元日(1月1日)を迎えるごとに1歳ずつ増やしてゆくという年齢の数え方です(12月31日生まれの赤ちゃんは生まれてたった1日後に数え年で2歳になることになります)。

 つまり、数え年は、その年の誕生日前だと満年齢 +2歳、誕生日後だと満年齢 +1歳となります。

 厄年の中でも、とくに男性の42歳と女性の33歳については、語呂合わせで「死に」、「散々」に通じることから、大厄(たいやく)と呼ばれ、災難が降りかかりやすいため十分な警戒が必要だとされています。