TOP > 厄年と厄除け について > 厄年って迷信?
厄年と厄除け 最新記事

厄年って迷信?

七色パワーストーン
開運・厄除けのお守りに七色グッズ。

厄年年齢の女性&男性に
クリスタル(水晶)のブレスレットで幸運を引き寄せ

プラスのエネルギーを秘めた天然石
お守り・魔よけの意味をもつパワーストーンで厄除け

今年の運勢
あなたの今年の運勢は

 厄年とは、中国の陰陽道(おんみょうどう)からきた考え方です。

 陰陽道は、平安時代に安倍晴明(あべのせいめい)という陰陽師によって広められたと言われています。

 やがて陰陽道をもとにして、日時や方位の吉凶が定められるようになりました。それとともに、厄払い・厄除けをするという考え方が起こってきたと考えられています。

 ただし、男性の厄年が25歳、42歳、61歳、女性が19歳、33歳、37歳とされるようになったのは、さらに数百年後の江戸時代になってからのようです。

 この年齢には災難が起こりやすく、引越しをしたり家を新築したりすることは避けたほうがよいなどと言われることもあります。

 もちろん、これには科学的な根拠なんてありません。そんなの迷信だから意味がないと思う人は、何も気にしなくてよいでしょう。

 ただ、厄年の年齢になると社会的な責任も重くなり、無理をして疲労がたまりやすくなるので、今まで以上に健康に気をつけて病気や事故に遭わないように注意を払った方がよい、ということは言えるかもしれません。