TOP > 天眼石について > レッド天眼石(赤天眼石)とは
厄年と厄除け 最新記事

レッド天眼石(赤天眼石)とは

七色パワーストーン
開運・厄除けのお守りに七色グッズ。

厄年年齢の女性&男性に
クリスタル(水晶)のブレスレットで幸運を引き寄せ

プラスのエネルギーを秘めた天然石
お守り・魔よけの意味をもつパワーストーンで厄除け

今年の運勢
あなたの今年の運勢は

 天眼石とは、瑪瑙(めのう:アゲート)の一種で縞模様のあるものをいいます。その縞模様が稀に年輪状になり、眼を持つことがあります。

 チベットでは地中から掘り出されるのではなく、地面にゴロゴロと落ちているため、「天から降ってきた神の眼 」ということから天眼石という名前がつきました。

 天眼石は古くからお守りや魔よけ効果のあるパワーストーンとして用いられてきました。

 現在では、チベット密教のダライラマ14世がいつも身につけていることでも有名になっています。

 魔除け・厄除けのパワーがあると考えられ、悪霊を払い、災厄から守ってくれるお守りとして身につけられています。

 天眼石の中でも特にレッドに縞の入った石を赤天眼石(レッド天眼石)と呼びます。

 災難から身を守ってくれるお守りとしてのパワーが伝わる天眼石の中でも、このレッド天眼石は、とくに人間関係の問題を解決してくれるパワーが強い天然石だと信じられてきました。