TOP > 節分と厄除け > 節分(せつぶん)の意味とは
厄年と厄除け 最新記事

節分(せつぶん)の意味とは

七色パワーストーン
開運・厄除けのお守りに七色グッズ。

厄年年齢の女性&男性に
クリスタル(水晶)のブレスレットで幸運を引き寄せ

プラスのエネルギーを秘めた天然石
お守り・魔よけの意味をもつパワーストーンで厄除け

今年の運勢
あなたの今年の運勢は

 節分とは、立春の前日のことを指します。現在の暦(こよみ)では2月3日頃になります。

 全国各地で、豆まき恵方巻き(えほうまき)などの厄除け・厄払い(厄祓い)に関連した伝統行事が催されます。

 節分の意味は「節を分ける」(季節を分ける)ということであり、もとは季節が変わる時を表す言葉でした。

 つまり、各季節の始まりの日(立春、立夏、立秋、立冬)の前日が節分なのであり、本来は1年に4回あったはずなのですが、現在では立春の前日だけを指すようになりました。

 この日には、日本の古い文化に由来する節分の伝統行事が各地で催されます。

 豆まきが有名ですが、恵方巻き(えほうまき)といって、年ごとに決められた方角に向かって巻き寿司(節分用太巻き)の丸かぶりをするという慣わしもあります。