TOP > 厄払いで有名な神社・お寺 > 阿蘇神社(熊本県阿蘇市)
厄年と厄除け 最新記事

阿蘇神社(熊本県阿蘇市)

七色パワーストーン
開運・厄除けのお守りに七色グッズ。

厄年年齢の女性&男性に
クリスタル(水晶)のブレスレットで幸運を引き寄せ

プラスのエネルギーを秘めた天然石
お守り・魔よけの意味をもつパワーストーンで厄除け

今年の運勢
あなたの今年の運勢は

阿蘇神社(あそじんじゃ)

  熊本県阿蘇市(あそし)にあります。

 東向きに楼門があり、境内には社殿が3棟あります。日本全国に約500社あるといわれる「阿蘇神社」の総本社となっています。

 第7代孝霊天皇の命により創建されたと伝えられ、 神武天皇の孫にあたる健磐龍命(たけいわたつのみこと)をはじめ12神を祀る由緒ある神社です。

 健磐龍命は、阿蘇山のカルデラ湖(火山湖)の水を流して阿蘇を開拓し農業の発展に力を尽くしたため、阿蘇大明神と呼ばれ、もともとは火山神、農業神として信仰を集めてきました。

 奈良時代から平安時代に遣唐使が派遣されるようになると、航海の安全祈願に重要な役割を果たすようになり、皇室からあつく信仰されました。

 戦国時代になると、豊臣秀吉が九州平定の際に阿蘇神社の社領を没収したといわれます。しかし、肥後藩主となった加藤清正によって再興され、さらに細川家が肥後藩主となってからも保護を受けました。

 阿蘇神社の参道は拝殿には向かわずに、なぜか拝殿を横(西方)に見て、阿蘇山に向かって南方に伸びています。そのため、かつては阿蘇山が祭神であった可能性があります。

 また、阿蘇神社の北方には国造神社(こくぞうじんじゃ)があり、阿蘇山、阿蘇神社、国造神社が南北一直線に並ぶ配置となっています。この南北のラインを聖なるラインと考える人もいます。

 現在では、初詣や厄払い・厄除けのお参りに熊本県内はもちろん、宮崎県や大分県、福岡県など九州各地から大勢の人々が訪れています。


アクセス

電車
JR豊肥本線「宮地駅」下車、徒歩15分

〒869-2612 熊本県阿蘇市一の宮町宮地字宮園3083-1