TOP > 厄年と厄除け について > 厄年の過ごし方
厄年と厄除け 最新記事

厄年の過ごし方

七色パワーストーン
開運・厄除けのお守りに七色グッズ。

厄年年齢の女性&男性に
クリスタル(水晶)のブレスレットで幸運を引き寄せ

プラスのエネルギーを秘めた天然石
お守り・魔よけの意味をもつパワーストーンで厄除け

今年の運勢
あなたの今年の運勢は

 厄年は単なる迷信だから、厄払いなんて意味がないという人もいます。

 確かに、家の新築や引越しを避けるべきだというような話に科学的な根拠はありませんので、そんなことを言われても気にする必要はありません。

 もともと厄年というのは、人生の節目にあたる年齢と考えられてきたものです。

 とくに大厄(たいやく)と呼ばれる男性の42歳と女性の33歳は、仕事や育児で忙しくなり、転勤や子どもの進学など、人生の大きな局面を迎える人が多くなります。

 この年齢になると、社会的な責任も重くなってくることから、無理をして疲労が重なりやすくなり、どうしても病気や事故に見まわれるリスクは高くなります。

 ですから、厄年になったら厄除け祈願をしないまでも、人間ドックや健康診断を受けたりして自分の体調管理にそれまで以上に注意を払うというぐらいのことは、決して無意味とは言えないでしょう。