TOP > 厄年と厄除け について > 女性の厄年の年齢は?
厄年と厄除け 最新記事

女性の厄年の年齢は?

七色パワーストーン
開運・厄除けのお守りに七色グッズ。

厄年年齢の女性&男性に
クリスタル(水晶)のブレスレットで幸運を引き寄せ

プラスのエネルギーを秘めた天然石
お守り・魔よけの意味をもつパワーストーンで厄除け

今年の運勢
あなたの今年の運勢は

 男性と女性とで厄年の年齢は異なります。

 女性の場合は、数え年で19歳、33歳、37歳とされています。

 これらは本厄の年齢とされているものです。

 厄年には、前厄・本厄・後厄があり、本厄の前年が前厄、本厄の翌年が後厄と呼ばれます。

 つまり、女性の場合の年齢は、

  前厄・・・18歳、32歳、36歳

  本厄・・・19歳、33歳、37歳
 
  後厄・・・20歳、34歳、38歳

ということになります(いずれも数え年だということに、ご注意ください)。

 こうして見ると、女性の場合、30代では6年間(32歳、33歳、34歳、36歳、37歳、38歳)が厄年の年齢に引っかかってしまうということになるわけですね。